不動産のホームページを無料で制作するときの注意点

無料ソフトを使って不動産ホームページを制作する場合、独自のドメインが使えないこともあります。

ホームページ作成ソフト「WiX」と「webnode」を比較してみた

テンプレートの数が異なる

WiXはテンプレートの数が711種類と豊富で、さまざまな選択肢があり思い通りのホームページを制作することができます。一方、webnodeはテンプレートの種類が79種類なので、WiXよりも選択肢は少なくなります。また、WiXは日本語表記もあるので使いやすいでしょう。

カスタマイズのしやすさが異なる

WiXとwebnodeはどちらもWeb画面で編集することが可能ですが、WiXはスライドショーを作成できるもののwebnodeはスライドショーの作成はできません。また、SEO対策もWiXはキーワードの設定だけでなくマニュアルやチェックリストも充実しています。

簡単に探せる

パソコン

マンションや一戸建て、そして土地などを探すときに、不動産屋を訪れて、めぼしい物件を紹介してもらおうと考えているかもしれません。しかし、そこで取り扱っている数には限りがあるため、理想のものを手に入れられるとは限らないので注意しましょう。もしも、より多くの候補を得たうえで、完璧なところを探したいと願うなら、不動産屋のホームページをチェックしてみることをおすすめします。そこには取り扱っているマンションや一戸建てなどが紹介されていることがあり、わざわざお店にいかなくても、情報を得られる可能性が高いです。従って、いくつもの不動産屋が持っている情報を簡単に集められるので、より多くの中から適切なところを選べるようになるでしょう。ちなみに、全国各地の不動産が載っているホームページもあれば、地元のものしか取り扱っていないところもあります。どちらが優れているというわけではないため、どちらともチェックしておくことをおすすめします。

条件を設定して選ぼう

パソコン

不動産屋のホームページで不動産を探す場合は、条件検索をしっかりと活用して選ぶようにしましょう。とくに全国版のところだと何百件も取り扱っているケースが多いので、一つひとつ見ていたのでは時間がいくらあっても足りません。条件検索を利用すれば、まず自身が探したいエリアをピンポイントで指定できるようになります。また、家賃や価格、間取りなども条件として設定できるので、自身の理想にあったところを選びたいときはできる限り活用しましょう。なお、よりこだわれるように、変わった条件を設定できるようになっているところもあります。ペット可能やバルコニー有りなど、さまざまな条件が用意されている場合があるので、好きなものをチェックして検索しましょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中